外人のクレバスに酔いました


げげっ!あーー。外人のクレバスに酔いました。ドクン!問答無用の陵辱プレイ。へへーん。オレのチンコに毎日奉仕してほしい。クライマックスは、ド迫力の猥褻プレーで決まりなんです。このね、白人の炉利マンがすーごいおいしそう。

外人のパイパンのろりまん好きは幸か不幸なのか


驚愕のつるつるのスジ!へへーん。自ら秘肉を開き、生肉棒をおねだりする激エロお姉様。外人のパイパンのろりまん好きは幸か不幸なのか。美乳とくびれボディが悩ましいね。いやー、もう個人的にはエロくて最高のひとことなんですね。ウワー!このレベルのつるつるのスジマン、久しぶりだなあ。底知れない性欲とテクニックが必見なんですよ。

ブロンドでなくても白人はマンコが綺麗


白人が皆ブロンドであるということはないのです。どちらかというと、本当のブロンドのほうがはるかに少ない。単に髪を脱色したりして、もともとブラウンの髪をブロンドにしている白人女性が多いのです。マン毛を見ればよくわかります。マンコ陰毛は黒いのに髪はブロンド、っていうケースはよくあります。まあ、パイパンにしていればどうでもよいことですけどね。。

cameltoeなんだって


スジマン=ロリマン、食い込み、のことを、英語でcameltoeっていうのです。ラクダのつま先がちょうどこんなマンコに見えるからなんでしょう。ラクダを直に見たことはないですが、もしラクダを見る機会があったら、間違いなくつま先を真っ先に見てしまうでしょうね。困ったぼくちゃん。

白人のパイパンのロリマンはタブーなのか?


白人の毛穴が目立たない、つるっつるのパイパンのオマンコを見ていると、ロリコン趣味に見られがちですが、それは大きなお世話です。鑑賞したい、なめたい、指入れたい、チンコ入れたい、と本当に思わせてくれるのが、白人のマンコなだけなのです、おわかり?では、銭湯行ってきます!チャオ!

白人女の股間の具合が気になる季節ですw


ムラムラしてきて白人女の股間の具合が気になることが最近は多い気がします。人種が違うのもムラムラする原因かもしれません。何か高級感漂う西洋の触れてはいけない秘宝、それが、僕ら日本人にとっての白人マンコなのです。

pussyちゃんが・・・


白人のpussyちゃんは本当に臭いのでしょうか?実際は、人によりけり、というのが僕の見解です。臭いマンコの外人もいれば、無臭に近いマンコの白人もいます。実体験からの意見ですw。でも、マン毛をしっかり剃毛、あるいは、脱毛している白人のマンコは、手入れをしっかりする性格のせいか、おおむね無臭です。